和歌山市の「なかにし歯科医院」では、最新技術を用いたインプラント治療や審美歯科、虫歯や歯周病の治療を行っております(紀伊駅から車で5分)

〒649-6339 和歌山県和歌山市弘西 1262-3

JR「紀伊駅」より車で約5分

診療時間

9:00~12:30/14:30~19:30
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

073-462-4824

当院は予約制となっております

Caries treatment

当院の虫歯治療

なるべく自然歯を傷つけない、神経をとらない治療に努めています。

なるべく歯を削らないMI(ミニマルインターベンション)を実践しています

生まれ持った天然の歯は、削れば削るほど脆くなってしまうことをご存知でしょうか?「虫歯ができても、削って詰め物を入れておけば大丈夫」と考えている方は多いかと思いますが、それはとても危険な考え方です。

当院では、天然の歯を可能な限り傷つけないように、「MI(Minimal Intervention/ミニマルインターベンション)」を実践しています。MIとは、「最小限の侵襲」という意味で、天然の歯を極力削らないようにする方法のことを指します。

治療においては、MI専用の小さなバー(歯を削る機器)や拡大鏡(歯を拡大してみるためのメガネ)などを使って、本当に必要な部分だけを的確に削ります。加えて、コンポジットレジンという素材を使って削った箇所を埋めることで、削る範囲を最小限に抑えています。

また、「虫歯治療を行った歯が、噛んでいるうちに歯が割れてしまった(破折)」という事例も少なくありません。削り方や削る場所、修復の方法が悪いと、破折が起きてしまうのです。そういった事態を防ぐため、当院では、事前の検査や治療部位の見極め、削り方、修復の方法に十分に配慮しています。

皆さまの大切な歯を守るために全力を尽くしますので、どうぞ安心してご来院ください。

神経を残すように努めています

虫歯治療におけるポイントとして、天然の歯を削る範囲を最小限に抑えることに加え、神経をなるべく残すように心がけています。

歯の神経を抜いた後のリスク

痛いところの神経を抜いたからもう大丈夫だとお考えの方は少なくありません。ですが、歯の神経をとったからといって何も心配ないわけではありません。以外かもしれませんが、歯の神経を抜いた後であっても健康を損なうリスクが存在します。

  • 神経の取り残しの可能性
    歯の根の形や、神経部分の形などは、人によって全く異なります。簡単に神経を取れる物から、複雑で完全に神経を取ることが難しい物まで様々です。特に奥歯になると根の形態が複雑になり、歯の神経を取り残しや炎症で、痛くなることがあります。
     
  • 歯が脆くなりやすい
    歯の神経を抜くと内部に栄養が送られなくなり、将来的に神経がある歯よりも、脆くなり割れたり、折れやすくなると考えられています。
     
  • 歯を削る量が増える
    神経を抜かない場合は最小限で済みますが、神経を抜くと被せモノをする傾向が増えるため、結果として多く歯を削ることがあります。
     
  • 数年後のトラブル
    治療が不完全になってしまった場合には、数年から数十年後に根の先端に膿が溜まるケースも考えられるため、再治療が必要になることがあります。ただし上記の神経を残して腐敗した場合に比べて、スピードはゆっくりです。

神経はできるだけ残すように努めていますが、歯の状態が悪い場合は神経を取らないことのリスクの方が大きい場合もあります。状況に応じて、患者様の歯の健康を長期的に見据えた治療を行いますのでご安心ください。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

073-462-4824

診療時間:9:00~12:30/14:30~19:30
休診日:木曜日・土曜日午後・日曜日・祝祭日

※当院は予約制です。
恐れ入りますが事前にお電話にてご予約をお取りいただけますようお願いいたします。

診療時間

診療日
 
午前××
午後×××
診療時間

午前 9:00~12:30
午後 14:30~19:30

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

073-462-4824

アクセス

073-462-4824

住所

〒649-6339
和歌山県和歌山市弘西 1262-3

JR「紀伊駅」より車で約5分